脂肪吸引で吸い取った脂肪で豊胸


5分でわかる豊胸 湘南美容外科

あなたは自分の脂肪を他の場所に移せたらなぁと思ったことはありませんか?お腹周りや二の腕や太ももなど付いて欲しくない場所に脂肪が付くのに、胸は大きくならないなんて事ありますよね。

実は脂肪吸引は、憎き脂肪を吸い取るだけではなく、気になる場所に脂肪を注入することだってできるんです。胸やお尻サイズアップや、全体的なボディデザインの形成など、吸い取った脂肪は様々なものに使うことができます。

今回紹介するのは、通常の豊胸手術よりデメリットの少ない脂肪吸引で吸い取った脂肪で行う豊胸手術の情報です。自分の脂肪を注入する豊胸方法は、バッグと比べると違和感や痛みも少なく、安全でおすすめです。

脂肪吸引ついでに豊胸手術

脂肪吸引の目的はあくまで痩身です。通常の脂肪吸引の場合であれば、吸い取った脂肪は廃棄されます。ですが、脂肪吸引で吸い取った脂肪を利用することで、豊胸手術を行うこともできます。

本来、この脂肪を用いた豊胸手術は、豊胸手術をするためにお腹周りや太ももの脂肪を吸引して胸にまわすものです。そのため痩せるために脂肪吸引をするのではなく、胸のために脂肪吸引を行っています。でも、痩せるために脂肪吸引を行い、その脂肪を胸に回せたらお得だと思いませんか?

もちろん脂肪吸引のついでとはいえ、かなり費用がかかってしまうのも事実です。ダイエットだけを考えているのであれば、豊胸はしなくてもいいのですが、どうせならという方は、ぜひ考えてみておいてください。

異物ではない自分の脂肪を注入する豊胸手術

通常、美容整形で豊胸をする方法はバッグと呼ばれるシリコンを詰め込む方法が一般的です。ですが、シリコンバッグでの豊胸は、無理やり胸の中に異物を詰め込むため、術後の痛みも激しく、触ってみると違和感も感じるので、後悔することも多いんです。

それに比べ、脂肪注入での豊胸方法は、より自然かつ痛みも少なくバストのサイズアップをすることができます。シリコンバッグだと破裂する恐れや定期的なメンテナンスも必要ですが、自分の脂肪であればそれも不要です。

しかし、自分の脂肪を使った豊胸方法にも弱点があります。それは死活細胞や不純物を含む脂肪を注入することで脂肪が石灰化、脂肪壊死を起こしてしまい、シコリが発生してしまう点です。この弱点を補うために考案された豊胸方法が次に紹介するCRF豊胸 コンデンスリッチファット豊胸です。

コンデンスリッチファット豊胸 CRF豊胸とは

従来の自分の脂肪を使った豊胸方法は、脂肪を吸い取る際に異物や空気に触れることによる劣化で、術後にシコリが発生してしまう可能性のあるものでした。これを回避するために考えられた豊胸方法が、コンデスリッチファット豊胸、通称CRF豊胸というものです。

コンデンスリッチファットとは、吸い取った脂肪をさらに遠心分離機やフィルターを用いて濃縮し、余分なものを一切省いた脂肪の事です。このコンデスリッチファットは脂肪の定着率も高く、シコリの発生を抑える事ができるようになりました。

コンデンスリッチファットを用いた豊胸手術は、もちろんシリコンバッグとは違い自然なバストの仕上がりにできます。その上、脂肪の石灰化や脂肪壊死を防ぎシコリの無いバストに仕上げることができるため、非常にお勧めです。

自分の脂肪を注入する豊胸手術のデメリット

ここまで自分の脂肪を注入する豊胸手術のメリットとなるいい点ばかり紹介してきましたが、もちろん悪い点、デメリットもあります。こちらでは、バッグでの豊胸手術のメリットや、豊胸手術そのもののデメリットも紹介します。

バッグ豊胸は大幅なサイズアップができる

バッグでの豊胸手術はサイズアップの点で見ると、脂肪注入での豊胸に勝ります。何せ、バッグ豊胸は不自然になら無い程度であればいくらでもバッグを詰め込むことができます。

ただし、バッグ豊胸は無理やり詰め込んだ分痛みも激しいのが難点です。妊娠などで自然と胸が大きくなった際にもバッグを圧迫し、最悪破裂してしまうこともあります。サイズアップだけを見るのであればバッグをお勧めしますが、より自然な脂肪注入による豊胸も考えてみてください。

豊胸は乳がん検診、CTスキャン、レントゲンでばれる

豊胸手術をした場合、乳がん検診や、CTスキャン、レントゲンなどで必ずばれます。何故ならば、小さなガンすらも見つけてしまうお医者様が人工的な異物を発見できないわけが無いからです。ばれにくい、わかりにくい、と言われている豊胸手術ですら、必ずばれると思っていてください。

これは、脂肪注入による豊胸手術でも同じことが言えます。コンデンスリッチファットでの豊胸手術だったとしても、1mmほどの脂肪壊死や石灰化が起こらないわけではありません。1mmほどでもお医者様から見ると異常の発見です。再検査にならないようにあらかじめ報告しなければならないことを覚悟してください。

脂肪吸引で吸い取った脂肪で豊胸 まとめ

脂肪吸引で吸い取った脂肪を使い、脂肪注入で豊胸する手術の情報を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。今回ダイエットというよりは、豊胸の話でしたが、憎き脂肪がを他の場所に移したいといった願望がある方は参考にしてください。

脂肪注入での豊胸手術は、バッグ豊胸と比べると痛みと違和感が少ないのが特徴です。特にバッグ豊胸では定期的なメンテナンスが必要となり、バッグの取替えなどで費用がかかってしまうのも難点ですが、脂肪注入であればあくまで自分の体の一部なので考慮する必要がありません。

しかし、胸のサイズアップではバッグ豊胸には劣ってしまいます。また胸の豊胸自体のデメリットとして、手術を受けてから一生健康診断や検診での立ち振る舞いには気をつけなければなりません。

それでも、自分の脂肪を胸に移したい、全身を綺麗にして新しい人生を歩んでみたいという方は、下記の美容外科の情報を参考にしてください。こちらの情報が、あなたの新たな人生の一歩になれば幸いです。


5分でわかる豊胸手術 湘南美容外科

豊胸
ボディジェット豊胸 THE CLINIC

知らないと損をするダイエット法

どんなことでも知っていると知っていないでは大きな違いが生じます。

例えば、あなたが癌になったとして命の危険にさらされるとします。その場合、担当する医師の腕によってあなたの生死が決まります。しかし、スーパードクターの情報はほとんど表に出てきません。

これと同じで、ひっそりととんでもないダイエット法というのは存在しています。

このダイエット法ものその一つです。

DVDなので分かりやすいです。今世の中に存在するダイエットの中で最も簡単で、続かないということが起こりえません。なので、自信の表れとして今なら全額返金保証付です。

いったいどんなダイエット法なのか? 知らないと損をします

サブコンテンツ

スポンサードリンク

驚きのダイエット方法

おすすめグッズ

このページの先頭へ