痩せるホルモンGLP-1とは?

痩せるホルモンとは、そのホルモンが体内に分泌されるとダイエット効果をもたらすホルモンの事をいいます。その「やせるホルモン」のひとつがGLP-1です。

GLP-1とは、グルカゴン様ペプチド-1の略で、1983年に同定された消化管ホルモンです。GLP-1は、消化管に入った炭水化物を認識して消化管粘膜上皮から分泌される物質です。膵臓からのインスリン分泌を促進するものなので、糖代謝に密接に関連し、糖尿病治療のひとつとして日本および海外で用いられています。

この痩せるホルモンGLP-1のダイエット効果について説明します。

やせるホルモンGLP-1の効果

やせるホルモンGLP-1の効果ですが、2013年7月30日放送の「ビートたけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学」を参考にして書きます。

世の中には、ダイエットせずとも全く太らない人がいます。その人たちは、食後にGLP-1の分泌量が多いことが分かりました。もちろん、そうでない別の要素で太りにくい人もいますが、このページではGLP-1の分泌量が多い場合について書きます。

このGLP-1は、肥満体国アメリカでは肥満の治療薬として利用され、GLP-1の投与だけで、肥満が解消されています。

ただ、現在の日本(2013年8月)においてGLP-1は、糖尿病の治療薬として処方されているだけで、肥満に対しては投与する事はできません。

この痩せるホルモンGLP-1がダイエットにおいてどんな効果があるのかというと、まず、胃の内容物排出速度を遅らせ、満腹感を助長したり食欲を抑制します。

また、膵臓からインスリンを分泌し、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ働きもあります。これによって糖分の吸収が抑制されます。

以上のような点で、GLP-1がダイエットに大変効果があるということです。

痩せるホルモンGLP-1を分泌させる食材

痩せるホルモンであるGLP-1を分泌させるには小腸を刺激する必要があります。で、どうやって小腸を刺激すればいいかという事ですが、小腸なので、食事食材で刺激するしかありません。

GLP-1効率的に分泌させるためには、2つあります。一つは食物繊維をとることです。どれくらい食物繊維をとればいいかというと、目安ははっきりしていません。しかし、一日にとった方がよいとされている食物繊維をとる必要はありそうです。

その量は、1日18gといわれています。これを野菜の量にしてみると、レタスなら4個半。無理だろう…(汗)

ということで、食物繊維をとることができるダイエットサプリや食品を利用することをおすすめします。

そして、もう一つはEPAです。
EPAとは、エイコサペンタエン酸の略で、体内で合成することができない脂肪酸で、青魚に豊富に含まれています。EPAには、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加して血液をサラサラにするはたらきがあります。

このEPAを多く含む食品をとることが、GLP-1を多量に分泌させることにつながります。

ビートたけしの家庭の医学では、山形県のある地域では、日常的にサバの水煮缶詰を食べているから太った人が少ないということを紹介していました。そうなんです、EPAはサバに非常に多く含まれています。

とはいえ、サバを多く食べるのは限界があると思います。なので、EPAはサプリメントで摂取しましょう。EPAこそサプリでとるべきです。

ちなみに、テレビではやっていませんでしたが、山形県はこんにゃくの消費量も多い地域です。食物繊維とサバの水煮缶によるEPAのW摂取で、GLP-1を分泌させ、痩せている人が多いと推定できます。

さあ、あなたも痩せるホルモンGLP-1を多量に分泌して、太らない体を手に入れましょう

知らないと損をするダイエット法

どんなことでも知っていると知っていないでは大きな違いが生じます。

例えば、あなたが癌になったとして命の危険にさらされるとします。その場合、担当する医師の腕によってあなたの生死が決まります。しかし、スーパードクターの情報はほとんど表に出てきません。

これと同じで、ひっそりととんでもないダイエット法というのは存在しています。

このダイエット法ものその一つです。

DVDなので分かりやすいです。今世の中に存在するダイエットの中で最も簡単で、続かないということが起こりえません。なので、自信の表れとして今なら全額返金保証付です。

いったいどんなダイエット法なのか? 知らないと損をします

サブコンテンツ

スポンサードリンク

驚きのダイエット方法

おすすめグッズ

このページの先頭へ