痩せの大食いとは

世の中には食べても食べても痩せたままの、痩せの大食いと呼ばれる体質があります。

いわゆる大食いタレントで有名なギャル曽根は、まさに痩せの大食いとですよね。

ギャル曽根の方が、あなたよりいっぱい食べているのに何故太らないのか、不思議だし、羨ましいですよね。

今回は、何故痩せの大食い体質な方は食べても太らないのか、痩せの大食い体質の身体の違いを紹介します。

痩せの大食いは食べ物の排泄スピードが違う

痩せの大食いの秘密よして、まず、痩せの大食い体質の方は、食べたものをすぐ排泄しています。

普通の方は食べてから24時間から48時間かけて排泄するんですが、やせの大食いと呼ばれる方は2時間ほどで排泄してしまいます。

食べ物から栄養を摂取する間もなく排泄してしまうため、いくら食べてもエネルギーになりませんし、脂肪にもなりません。

どうして、やせの大食い体質は、排泄までの時間が短いかというと、胃腸などの消化器官にその原因があります。

通常の消化器官には、弁と呼ばれる消化物のストッパーが消化物の移動のコントロールを行っています。しかし、痩せの大食いの方の弁はゆるく、エネルギーを吸収するために留めて置きたくても、どんどん流れていくポンプのようなつくりになっています。

そのため、痩せの大食いの方は食べてもエネルギーを吸収できずに、大便としてすぐ排泄してしまいます。また、消化もされにくいため、でてくる大便は食べ物の形を保っていることも多いようです。

やせの大食いの褐色脂肪細胞

やせの大食い体質の方のもう一つの要素が褐色脂肪細胞です。

「脂肪」と聞くとあまり取り入れたくない名前の細胞ですが、褐色脂肪細胞は通常の脂肪と違い、脂肪を熱エネルギーに変換するための細胞です。

通常の皆さんが知っている脂肪は白色脂肪細胞といい、この2種類の脂肪細胞で、人は脂肪と熱エネルギーのコントロールを行っています。

痩せの大食い体質な方は、褐色脂肪細胞が多く活性化しやすいため、脂肪がすぐに熱エネルギーに変換されます。そのため、食べても脂肪になりにくく、太ることがありません。

しかし、この褐色脂肪細胞は増やそうと思ってもすぐに増やせるものではありません。褐色脂肪細胞の量は胎児から青年期の食生活で左右され、この時代に食べすぎたりしていると、褐色脂肪細胞が減り、白色脂肪細胞ばかりが増えてしまいます。

しかし、褐色脂肪細胞が少なくても、活性化させる方法はあります。それは手や首元やわきの下など温度に敏感な場所を冷やしながら運動をすることです。

体を冷やしながら運動することで、脳が寒いところで運動していると勘違いさせて褐色脂肪細胞を活性化させます。これにより食べても太らない痩せの大食い体質になることができます。

痩せの大食い体質になるためには

胃腸などの消化器官は、生まれついた遺伝的なもので、変更はききません。そのため、頑張ったからといって食べてから2時間で排泄する体になれるわけではありません。

しかし、褐色脂肪細胞を活性化させることで、痩せの大食い体質になることができます。

褐色脂肪細胞を意識したダイエットとして有名なのが、水泳です。水泳は元々有酸素運動で非常に効果的なダイエットとして有名です。

それに加えて、全身を冷やしながら運動を行うため、褐色脂肪細胞が活性化して、脂肪をどんどん燃焼させます。

水泳選手の多くは筋肉質なすばらしい体していますが、実は太れないから無理して食べている方も多いんです。

痩せの大食いを目指すのは今からでも遅くありません。少しずつ脂肪を燃焼しやすい体質を目指して頑張っていきましょう。

 ダイエットコラム目次
 次のダイエットコラム(肥満と生活習慣病)

知らないと損をするダイエット法

どんなことでも知っていると知っていないでは大きな違いが生じます。

例えば、あなたが癌になったとして命の危険にさらされるとします。その場合、担当する医師の腕によってあなたの生死が決まります。しかし、スーパードクターの情報はほとんど表に出てきません。

これと同じで、ひっそりととんでもないダイエット法というのは存在しています。

このダイエット法ものその一つです。

DVDなので分かりやすいです。今世の中に存在するダイエットの中で最も簡単で、続かないということが起こりえません。なので、自信の表れとして今なら全額返金保証付です。

いったいどんなダイエット法なのか? 知らないと損をします

サブコンテンツ

スポンサードリンク

驚きのダイエット方法

おすすめグッズ

このページの先頭へ