お腹(ウェスト 腰周り 下腹部 胸)の脂肪吸引


5分でわかる脂肪吸引

太っている人の多くが、お腹の脂肪を気にしていると思います。あなたは、このお腹を脂肪吸引で吸い取ってやろうって思ったことありませんか?

お腹の脂肪吸引では、主に横腹のウエスト、おへそから下の下腹部、胸の脂肪を吸い取る。これらの部位の脂肪をバランスよく吸い取ることで、クビレのあるメリハリボディを手に入れることができます。

今回紹介するのはお腹まわりの脂肪吸引の情報です。自分の吸い取った脂肪を胸に定着させる豊胸手術の情報も紹介します。

お腹の脂肪吸引の効果

お腹の脂肪吸引の効果は実際の脂肪を吸い取っているため、確実に痩せることができます。特に胸は減らしたくないけどお腹の脂肪は減らしたいといった「部分痩せ」も、自分で選べる脂肪吸引であれば確実に痩せることができま。

お腹の脂肪吸引の効果は、特に太っている人ほど効果が現れます。というのも、脂肪吸引は元の脂肪の70%から90%の脂肪を取ることができます。元が多ければそれだけ脂肪を吸引する事ができるので、脂肪に悩まされている人ほど効果的に痩せられます。

しかし、あくまで脂肪吸引で吸引することができるのは皮下脂肪と凝り固まったセルライトのみです。内臓脂肪には管を差し込めませんので残念ながら手が出せません。内臓脂肪は脂肪吸引では吸い取れないということを覚えておきましょう。

お腹の脂肪吸引の痛み

脂肪吸引の痛みはそれほどでもありません。というのも脂肪吸引は麻酔が使われているからです。身体の脂肪吸引では全身麻酔が使われます。そのため、痛みを感じる間もなく手術が終わっています。

問題なのは脂肪吸引後、手術後の痛みです。特にお腹の脂肪吸引は広範囲の脂肪を刺激し吸引することになります。その際どうしても皮膚や筋肉を傷めてしまうため内出血を引き起こし、術後に激しい痛みを感じることが多い。

また、大量の脂肪を吸い取った際には、自分の皮膚と脂肪と筋肉が剥離しており、それをつなぎ合わせるためのクールダウンの時間が必要になります。その間はどうしても筋肉痛に悩まされることになるため、3ヶ月から4ヶ月は鈍い痛みを覚悟しましょう。

このような脂肪吸引の痛みは術後に患部を圧迫することで改善することができます。残った脂肪と皮膚を癒着させ安定させることで痛みも軽減しますし、傷の治りも早くなります。

そして何よりも脂肪吸引の痛みは、美容外科の先生の技術が重要です。どれだけうまく脂肪を吸い取れるかが、痛みや見た目に影響します。ですので信頼できる先生を見つけることが失敗のない脂肪吸引に繋がります。

一番気になるウェストの脂肪吸引

あなたはクビレの無い体型に悩んでいたりしませんか?クビレボディを手に入れるために一番重要なポイントは腰周りのウェストの脂肪とることです。

脂肪吸引であれば、ウエストの脂肪だけを吸い取ることができ、そのため簡単に憧れのクビレボディを手に入れることができます。

しかし、脂肪を取りすぎるというのも実は問題があります。というのも美しいくびれボディというのは他の部位とのバランスが重要だからです。脂肪吸引で美しいクビレを作りたいのであれば、担当の先生とよく相談して臨みましょう。

ぽっこりを改善、下腹部の脂肪吸引

男女共に気になる下腹部のぽっこり。パンツの上に脂肪が乗っかっているさまはちょっと恥ずかしいですよね。もちろん脂肪吸引ではこの下腹部の脂肪も吸い取ることができます。

特に女性の憧れであるくびれボディはこの下腹部とウエスト腰まわりのラインが重要。ウエストが痩せていても、下腹部に脂肪が乗っかっていてはアンバランスですよね。

また、元々ウェストが引き締まっていても、下腹部の脂肪だけはなかなか取れないといった方も多い。というのも、下腹部周りは稼動範囲が狭く、日常生活であまり使われていない筋肉だから脂肪が残ってしまうんです。

脂肪吸引では、このような日常生活でとりにくい脂肪でも、場所を選んで吸い取ることができるので、確実に部分痩せすることができます。また、バランスを考えた施術を行うことでメリハリのあるクビレボディを魅せることができるので、ウェストと共に下腹部の脂肪吸引を考えるのもいいかもしれません。

胸の脂肪吸引と脂肪注入

胸には様々なコンプレックスが潜んでいます。胸が無さ過ぎると女性としての自信を失ってしまうし、ありすぎても男性の視線や日常生活が不便。胸の悩みはあっても無くても人それぞれです。

美容整形外科では、もちろん胸の脂肪吸引も行うことができます。特にスポーツ選手など激しい運動をしている方にとっては、大きな胸は競技の邪魔にしかなりません。テニスプレイヤーが乳房縮小手術をしたという話はよく耳にしますよね。

逆に美容外科では、胸に脂肪注入し、豊胸手術を行うこともできます。豊胸手術ば通常 中に「バッグ」と呼ばれる詰め物を入れるような手術です。しかし、バッグでの豊胸手術は痛みや異物感などで、人によっては満足できるできにはならないこともあるようです。

しかし、脂肪注入でのバストのサイズアップであれば、より安全にバストを大きくすることができます。バッグでの手術よりバストが大きくならないのが欠点ですが、異物を埋め込むわけではないので、自然なバストに仕上がります。興味がある方はカウンセリングの際についでに聞いてみましょう。

お腹(ウェスト 腰まわり 下腹部 胸 )の脂肪吸引 まとめ

お腹の脂肪吸引の情報を紹介しましたがいかがだったでしょうか。脂肪吸引は選んだ場所の脂肪を確実に吸い取ることができるため、簡単に部分痩せをすることができます。

不安な脂肪吸引の手術の痛みは、麻酔が効いているため不安がる必要はありません。しかし問題なのは術後のクールダウン中の痛みです。内出血や筋肉痛で苦しい思いを軽減するためにも、信頼できるお医者様が何よりも重要です。

また、全ての脂肪吸引に言えることなのですが、大事なのは吸い取った量よりもバランスです。いくら脂肪をとってもその後が美しくなければ後悔してしまうこともあるかもしれません。このような後悔しないためにも、美のエキスパートであるお医者様としっかり意見をぶつけ合い、相談しながら手術に臨むことが大切です。

今回はお腹の脂肪吸引の情報を紹介しましたが、興味のある方は是非、カウンセリングや相談を受けてみてください。こちらの情報がコンプレックスを払拭し、素晴らしい人生を歩む第一歩になれば幸いです。


5分でわかる脂肪吸引 湘南美容外科

脂肪吸引の体験談
脂肪吸引の体験談 聖心美容外科

知らないと損をするダイエット法

どんなことでも知っていると知っていないでは大きな違いが生じます。

例えば、あなたが癌になったとして命の危険にさらされるとします。その場合、担当する医師の腕によってあなたの生死が決まります。しかし、スーパードクターの情報はほとんど表に出てきません。

これと同じで、ひっそりととんでもないダイエット法というのは存在しています。

このダイエット法ものその一つです。

DVDなので分かりやすいです。今世の中に存在するダイエットの中で最も簡単で、続かないということが起こりえません。なので、自信の表れとして今なら全額返金保証付です。

いったいどんなダイエット法なのか? 知らないと損をします

サブコンテンツ

スポンサードリンク

驚きのダイエット方法

おすすめグッズ

このページの先頭へ